空芯単層コイルのインダクタンス計算

インダクタンス計算方法(2018/11/9)

自作コイルの基本である空芯単層コイルのインダクタンス計算方法を以下に示します。

L=0.03948・K・R^2・N^2/l  (μH) ・・・ ^2は2乗を示す

  1. N=コイルの全巻き数
  2. R=コイルの半径 (cm)
  3. l=コイルの全長 (cm)
  4. Kは2R/lで決まる定数で以下の表による

Kの値

2R/l

K

2R/l

K

2R/l

K

2R/l

K

0.1 0.96 2.1 0.51 5.2 0.31 11 0.19
0.2 0.92 2.2 0.50 5.4 0.31 12 0.18
0.3 0.88 2.3 0.49 5.6 0.30 14 0.16
0.4 0.85 2.4 0.48 5.8 0.29 16 0.15
0.5 0.82 2.5 0.47 6.0 0.29 18 0.13
0.6 0.79 2.6 0.46 6.2 0.28 20 0.12
0.7 0.76 2.7 0.45 6.4 0.27 25 0.10
0.8 0.74 2.8 0.45 6.6 0.27 30 0.09
0.9 0.71 2.9 0.44 6.8 0.26 35 0.08
1.0 0.68 3.0 0.43 7.0 0.26 40 0.07
1.1 0.67 3.2 0.41 7.2 0.25 45 0.07
1.2 0.65 3.4 0.40 7.4 0.25 50 0.06
1.3 0.63 3.6 0.39 7.6 0.24 60 0.05
1.4 0.61 3.8 0.38 7.8 0.24 70 0.05
1.5 0.60 4.0 0.37 8.0 0.24 80 0.04
1.6 0.58 4.2 0.36 8.5 0.23 90 0.04
1.7 0.56 4.4 0.35 9.0 0.22 100 0.04
1.8 0.55 4.6 0.34 9.5 0.21    
1.9 0.54 4.8 0.33 10.0 0.20    
2.0 0.53 5.0 0.32        

計算例

線径0.1cm、半径0.5cm 巻き数10回、長さ1cm の場合

2R/l=2×0.5/1=1 表から K=0.69

L=0.03948・K・R^2・N^2/l= 0.03948×0.68×0.5^2×10^2/1=0.68(μH)

<完了>


参考文献

  1. 高周波回路設計ノウハウ 吉田武著 CQ出版社