消磁方法                                   戻る

◆はじめに(2020/12/11)
普段使いしているニッパーに磁石をくっつけて着磁してしまい、鉄製のリード線(ガラス封入のダイオードなど)の切れ端がくっついてじゃまに感じたことがありました。HOZANから消磁器が販売されていますが、それほど使うものでもないため、手近なもので磁力を消すことが出来ないかとネットで探すと消磁方法について紹介されていました。

消磁の原理と方法(2020/12/11)
着磁してしまった鉄製品に外部からN極とS極の磁力を交互に近づけて着磁させ、徐々磁力を弱めていくと消磁できるというものです。方法としては

  1. 電磁石に交流を流し磁力を発生させてN極とS極を交互に着磁し、徐々に磁力を弱めることで消磁する。(*1)
  2. 永久磁石を回転させ、N極とS極を交互に近づけて着磁しながら、距離を徐々に離すことで消磁する。(*2)

またキュリー温度以上に加熱して消磁するという方法もありますが、2の方法が簡単そうなのでやってみました。

消磁の手順(2020/12/11)

  1. @電気ドリル Aドライバービット B超強力ネオジム磁石4個(直径13mm ダイソーで購入)を準備します。
  2. ドリルビットにネオジム磁石2個ずつを両端がN極とS極になるように取り付けます。
  3. 電気ドリルを回転させ、着磁した物(今回はニッパー)を磁石に近づけてから徐々に離し消磁する。

高速回転をさせるわけではないのでドリルビットに磁石を付けただけですが、ビニールテープなどで磁石を巻けば安全でしょう。また必要な時に磁石とドリルビットを組立て、終われば分解して元に戻せば良いだけなので、こんな方法でもよいのかと思います。

 着磁したニッパー(ゼムピンをぶら下げています)

 準備するもの

 
(左)ドリルビットの反対面に磁石をくっつける  (右)磁石を回転させる

 着磁したものを磁石に近づけてから徐々に離して消磁する

 消磁したためニッパーを近づけてもくっ付かなくなりました

<完了>


参考資料(*印)

  1. 簡易消磁器を作ってみた
  2. (有)岡田電気商会のブログ blogs.makusta.com/okadadado/2018/10/20/消磁器