NE612ANによるバラモジ

はじめに(2015/10/16)
バラモジ用ICのNE612ANは最高周波数が500MHzという優れものですが、20年ほど前でも500円ほどしておりSN16913Pが100円で購入できた当時では気楽に使える素子ではありませんでした。しかし部品のサイズがどんどん小型化する現在ではラグ板配線する者にとって8ピンDIPタイプは貴重であり、イーエレにて@320でいくつか購入し使ってみることにしました。


バラモジとして使う(2016/10/16)

  1. 規格表から電源電圧は4.5〜8Vの範囲です。12Vから2.2kΩを通すと8ピンの電圧は6.3Vになりました。
  2. 6、7ピンを使い14.318MHzを水晶発振させます。
  3. 1000Hzの低周波信号を1ピンに加えます。
  4. T1の2次側に50Ωの抵抗を負荷としその電圧と波形を観測します。

1ピンの入力電圧を徐々に増やすと 0.1Vを超えたあたりから出力の直線性が崩れ、受信機でモニターしてみると少し歪みを感じ始めます。

 

 

144MHzで周波数変換(2015/11/6)
144S5機の送信部周波数変換にはTA7358Pを使い4〜9ピンで周波数変換後1,2,3ピンで増幅していますが、これをNE612ANに置き換えてみると送信出力はTA7358Pと同程度の0.5Wになりました。TA7358PはFMラジオのフロントエンドに使用するICですが、144MHzの場合は周波数変換部だけではゲインが不足するため高周波増幅部の1,2,3ピンで1段増幅しています。しかしNE612ANは周波数変換部だけでゲインを稼げるようで、特にその後に増幅を設ける必要はありませんでした。ただし@90のTA7358Pを選ぶか@320のNE612ANを選ぶかは本人次第です。なお実験当初はICソケットを使っていましたが、VXOの132MHzの通り抜けが1mWほどあったため、ソケットを使わずピンに直接半田付けし最短距離で配線しました。また2ピンと7ピンはパスコンでグランドに落とすとバランスが改善され通り抜けを減らすことが出来ます。

 

<完了>