同軸ケーブル

はじめに(2018/11/30)
リグとアンテナを結ぶケーブルとしてアマチュア局にはなじみのある線材です。細いものから太いものまで、あるいは損失の少ないものなど多種類あり、懐具合によって選ぶという一面もあります。アマチュア用には50Ω系の*D2Vが一般的ですが、テレビ用には75Ω系の*C2Vがなじまれています。安いと思って買ってみると外部導体の網線が隙間だらけで、妙に納得したこともありました。長期に渡って屋外に出ている場合は、信頼性のあるメーカー品かどうか確認しておくことが必要です。

◆同軸(2018/11/30)

  1. 入手しやすい50Ωの同軸としてはの*D2V系、または損失の少ない*DFB系があります。
  2. リグ内配線で高周波が通り、インピーダンスが低く、配線長が数cm以上になる場合は0.8DQEVまたは1.5D2Vを使っています。
  3. 同軸を使う理由は配線長による損失を減らすことと、回路上の結合を防ぐことが目的です。
  4. ジャンクのBNCコネクタを買うと50Ω系なのか75Ω系なのか判別の付かないものもありますが、300MHz以下であれば非整合による悪影響は少ないようです。(*2 P63)

◆ケーブル長と損失(2018/11/30)
中心部導体の絶縁材料による損失の違いを以下に示します。発泡ポリエチレンを使ったものは損失が少なくなり、430MHz以上では意識して使った方が良さそうです。ただしケーブルが曲げにくくなるので、ビームアンテナを回転させる箇所には部分的に*D2V系の柔らかいケーブルを使うということもあります。

 ハム手帳(*1)より引用

<完了>


参考文献(*印)

  1. ハム手帳 2008 CQ出版社
  2. 高周波回路設計ノウハウ 吉田武著 CQ出版社