JG3ADQ

諸OMから受け継いできた自作という「伝統技術」をWeb上の「自作ハンドブック」としてまとめています

アクセスカウンター

カウント開始日 1999/9/18  更新日 2017/10/20

(10/20) 2017年5〜7月にかけて144MHzSSB0.3Wハンディトランシーバ144H4機を作り移動運用を楽しんできました。しかし実際に運用してみるといくつかの反省点があり、基板を作り直さない範囲で改造はしてきましたが、次の機会にその内容を反映したいと思っていました。今回の製作は144H4機と余り代わり映えはしませんが、期間が開きすぎると改善意欲が持続できないため、144H4機の反省を踏まえた1W出力のリグを製作しようと思います。


自作ハンドブック   〜アマチュア無線の機器を手作りする〜                        ●:完了 △:継続中

はじめに

ものづくりの楽しさ  ●メーカーと自作の違い  ●自作は基本動作の組み合わせ  ●今も昔も原理は同じ  ●あせらずとまらず  ●失敗に学ぶ

自作の基本

部品の調達              部品が無ければ自作は出来ない。部品の調達先を紹介。
自作で使う工具            現在使っている工具を紹介します。
高周波で使う部品          抵抗やコンデンサなど高周波で使う部品の注意点
目盛りの作り方            ダイヤルやSメータの目盛りを作る

配線方法
ラグ板配線               回路変更のしやすい配線方法
プリント基板               手間はかかるがコンパクトで再現性の高い配線方法
彫刻基板                切れ端のプリント基板に彫刻刀で溝を入れ簡単な回路を組む
空中配線                部品と部品を直接つなぐ最短配線方法

ケースの製作
アルミ板の曲げ方           ケースを自作するにはアルミ板を曲げることが基本です
ケースの自作            自作ケースの構造と作り方のコツを紹介します
ナットの固定(接着)         アルミ板にナットを固定する方法
スプレー塗装             ちょっと面倒だけどリグの価値が上がります
レタリング               パネルに文字を入れて通信機らしさを表現

コイル
コイルの自作            高周波には縁の深い10Kコイルの作り方について
コイルケースの外し方       7K、10Kコイルを巻きなおして使うときのケースの外し方
コイルの巻数とコンデンサ        手巻きコイルの巻き数と同調コンデンサの容量について
コアの比較評価          サトー電気で販売されている7K、10Kボビンのコアの周波数特性を比較評価する
中国製7Kボビン          サトー電気で販売されている中国製7Kボビンの評価

基本回路
デカップリング回路          回路の動作を安定させる基本の回路
三端子レギュレータ         電圧を安定化させる魔法の3本足


トランシーバを構成する各部

SSBトランシーバとは          SSBトランシーバの動作原理を紹介
トランシーバを作る時のポイント        トランシーバを作るときの勘どころを紹介
トランシーバに使う部品         さまざまな部品を使ってトランシーバを作ります
安い水晶の組み合わせ         特注に頼らず、市販の水晶を組み合わせ、トランシーバを安く作る
リグの評価方法             テレビやラジオなど身の回りにあるものを使ってリグの動作を評価

送信部

●@マイクを自作する            ハンドマイクとスタンドマイクを自作します
●@AF発振器つきマイク          アンテナの調整用に便利です
●@マイクアンプ               トランシーバの音声信号の入り口としての動作と、インピーダンス測定など
●@マイクアンプのゲイン          2SC1815の1石アンプとTA7358Pを低周波アンプとして使う場合のゲイン測定
●@低周波フィルタ             CとRによる緩やかな特性の低周波フィルタ
●Aダイオードによるバラモジ       原点に戻りディスクリートでバラモジを組んでみました。
●ATA7358Pによるバラモジ        @76の性能は如何に?
●ANE612ANによるバラモジ       500MHzまで使えるバラモジ用ICの実験
●BTA7358Pによる周波数変換      50MHzSSBトランシーバの周波数変換部で動作を確認します。
●C励振増幅               終段に十分な信号を送る
●Cタップダウンについて         動作安定化のためのタップダウン
●D終段の設計              終段に使うコイルやコンデンサの値を計算します。
●D終段の石選び              送信機の終段の石はどうやって決めたか
●D放熱器                  放熱器の働きを調べ、銅板放熱器の作り方を紹介します。

受信部

●E高周波増幅             受信部の最初に信号を増幅する部分です
●F混合                  中間周波数を作るために周波数を変換する混合部の説明
●Fノイズブランカ            耳障りなパルス性ノイズをカットする
●G中間周波増幅           周波数変換された信号を増幅して検波段へとつなげます
●H検波部                中間周波増幅された信号から音声信号を作ります
●HANL                 AM受信機で外部からのパルスノイズをカットする機能。各社の回路を紹介。
●Iポップノイズ対策           トランシーバの送受切り替え時に発生するポップノイズを抑える
●J電力増幅回路            スピーカを鳴らすための回路です
●Jスピーカー             スピーカーの取り付け方について
●Jスピーカグリル            スピーカーの正面を飾るグリル
●KAGC回路              FETを使ったAGC回路を実験してみる
●LSメータを作る           手に入らないSメータなら作ってしまおう

共通部

●M永遠の課題VXO          トランシーバーの心臓部VXOについて
●MVXOのQRH対策          周波数変動の少ないVXOをめざします
●MバリキャップによるVXO        バリキャップはVXOに使えるか?
●MバリキャップVXOの温度特性      バリコンの代わりにバリキャップを使ったVXOの温度特性特性
●M複同調の効果            複同調にすることで不要な信号成分のスプリアスを低減
●MプリミックスVFO           トランシーバに外付けするプリミックスVFOの7MHz版と144MHz版
●M5MHzVFO             5MHzVFOの製作と温度補償の手法
●M9MHzVFO             9MHzVFOと温度補償の方法
●Mオートスキャン             バンド内を自動でスキャンし、すばやく送信局を見つけます
●N水晶フィルタ              自作クリスタルフィルタの特性を測定
●N水晶フィルタの計算式       水晶フィルタの負荷容量とインピーダンスを計算で求める
●N
ダイオードスイッチ          電流のON/OFFで高速に切り替える電子スイッチ
●O局部発振器              SSB波から音声を復調するためのキャリア発振器
●Pアンテナスイッチ            トランシーバのアンテナ部切替回路の色々
●QBPFとLPF              バンドパスフィルタとローパスフィルタの設計。空心コイルのインダクタンス計算式
●R送受切替               送信と受信状態を切り替える
●S電圧降下検出回路          トランシーバに内蔵する電池の電圧降下をLEDの点灯で知らせる。


HFからUHFまで各種トランシーバと周辺装置の製作

HF
モノバンドトランシーバー                色々な周波数に応用できる単バンドトランシーバー 系統図 回路図
7MHzCWトランシーバ(7C1)            エレキーを内蔵してバージョンアップ 回路図
7MHzSSBトランシーバ(7S1)             いつもにぎやかな7MHzにQRP機で参入 回路図
7MHzSSB移動用トランシーバ(7H2)         アルミキャリーケースに入れ堅牢性と防水性をアップしたトランシーバー 回路図
7MHzSSB VFOトランシーバ(7H3)           温度補償したVFOで7MHz全域をカバーするトランシーバー 回路図
21MHzSSB移動用トランシーバ(21H1)        アルミキャリーケースに入るトランシーバーの21MHz版 回路図
21MHzSSBトランシーバ(21S1)          周波数がデジタル表示の固定用トランシーバ 回路図

VHF
50MHzAM 0.5Wトランシーバ(50A1)           トランシーブ操作のAM機 回路図 上面画像 下面画像
50MHzSSB 1Wトランシーバ(50S2)           移動にも使える小型TRX 回路図 設計図 系統図 基板上面図 銅箔面図
50MHzSSB 1Wトランシーバ(50S3)            オートスキャン回路を内蔵 回路図 設計図 系統図 基板上面図
50MHzSSBトランシーバ(50S4)              横行ダイヤル式の据置トランシーバー 回路図 上面配線図 下面配線図
50/144MHzSSBトランシーバ              2バンドのトランシーバ 系統図 ジェネレータ部回路図  トランスバータ部回路図
144CW 0.5Wトランシーバ(144C1)           ゆったりした144MHzで落ち着いて交信 回路図
144SSB0.3Wハンディトランシーバー(144H4)        トロイダルコアを採用したハンディトランシーバーの2017年バージョン 回路図 部品代一覧
144SSB1Wハンディトランシーバ(144H5)(新10/20)   144H4機の反省点を踏まえた改造版
144MHzSSB2Wトランシーバ(144S4)          2010ハムフェア自作品コンテスト第二席受賞作品 回路図 設計図 系統図 基板上面図 銅箔面 主な部品
144MHzSSB縦型トランシーバー(144S5)         狭いスペースにも入る縦型形状のトランシーバー 回路図 トランスバータ部画像 ジェネレータ部画像
144MHzFMトランシーバ゙(144F2)          Wスーパー方式によるFMトランシーバー 回路図
144MHzリニアアンプ(144L1)            入力電力を約8倍に増幅する144MHz用リニアアンプ

UHF
430MHzクリコン(430X1)             430MHzを46MHz変換するクリスタルコンバータ

周辺装置
エレキー                      自作のパドルとロジックICで組むエレキーの製作
横行ダイヤル                  10回転ヘリポットに取り付ける横行ダイヤル
CQマシン                      CQを代わりに出してくれるマシンを作ってみる
CQマイク                      CQマシンを内蔵したハンドマイク
ハンドマイクの風防                風によるボコボコ音を軽減するためのハンドマイクにつける風防
HF/VHFモニタ+AF発振器            7/14/21/28/50/144MHzを受信できるモニターと低周波発振器でトランシーバの調整に利用
プリント基板試験台                 ケースへ取り付ける前に動作確認用の試験台  


測定器

終端型パワー計(更新10/13)    10Wと1Wを切り替えて測定できる50Ωのパワー計
ディップメータ               高周波を扱う自作派には必須の測定器
広帯域アンプ               周波数カウンタのゲイン不足を補う
ミリバル                 低周波アンプやフィルタの特性を測定する電子電圧計
低周波発振器             アンプやフィルタの特性を計る音源として
高周波電圧計2            センサー部とメーター部を分離した測定器
高周波電圧計3             正しい高周波電圧を測定する
測定端子付ダミーロード        プローブの接続が出来る50Ω12Wのダミーロード
ダミーアンテナ             送信機の動作チェック用としてアンテナの代わりになるもの
導通テスター               部品の断線等を手軽にチェック
ツートーンジェネレータ         SSB送信機の直線性評価に使う測定器
サイン波発振器             トランシーバーの調整用サイン波発振器
シグナルジェネレータ          受信機の調整に必要な高周波発振器 回路図


電源

実験用安定化電源          電圧と電流を制御する実験用安定化電源
定電流充電器              ニッカドやニッケル水素を定電流で充電する
バッテリーボックス           単3ニッケル水素10本を内蔵した移動用電源


アンテナ

50MHz移動用ダイポール        分解、組み立ての容易なダイポールアンテナの製作
144MHzI移動用GP           組立、撤収がすぐに出来る移動用グランドプレーン
144MHz移動用スリーブアンテナ       木の枝にぶら下げて使うアンテナ。質量135g、丸めれば直径10cm
144/430MHz移動用GP          あっという間に分解組み立てが出来る144/430共用の移動用GP
144/430MHz共用グランドプレーン      144は1/4λ、430は5/8λとして動作するGP
430MHz2段グランドプレーン          2段にしてゲインを稼ぐGP
QRPアンテナチューナー          QRP仕様、SWR計内蔵 7〜21MHz用 アンテナチューナー
LED消灯型アンテナチューナー          移動運用で使いやすいコンパクトなアンテナチューナー
アンテナ切り替え器             2種類のアンテナを切り替える(BNCタイプ)
同軸の波長短縮率             同軸を切る場合は波長短縮率を意識して長さを決めましょう


その他

私のアマチュア無線史          1959年からの無線とのかかわりを紹介します
現場のノウハウ              自作は小さな工夫の集まり


☆このHPはリンクフリーです。
☆Eメールはこちら → *jg3adq@jarl.com (先頭の*は外してください)。
  ご質問の際はコールサインまたは本名を明記してください。無記名の方に対する返信はいたしません。
☆ja_qrpメーリングリスト http://www.freeml.com/ja_qrp
  QRPに興味のある方ならばどなたでも参加出来ます。加入・退会は自由。2014/4/19 現在の登録アドレス数は547名。
  参加希望の方は右のアドレスへ空メールを打ってください *join-ja_qrp.Ytwr@ml.freeml.com(先頭の*は外してください
☆当HPの製作物に関するプリント基板を頒布する予定はありません。ご自身で製作してください。
☆このHPはFrontPage Express 、回路図はフリーウエアのBschで作成しています。
☆編集人:兵庫県伊丹市 永井正範 JARL QRP CLUB 会員 #058 ex.JA2FTI 1964年開局 第2級アマチュア無線技士